kt3k 日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテイジョン (2011, 映画) 鑑賞

伝染病映画のコンテイジョンを鑑賞。( @渋谷TOEI )

感想:つまらない
理由:ドラマがない

(以下ネタバレ注意)

基本的には4つのストーリーラインで描かれるが、各ラインの相互作用が弱すぎる。
具体的にいうと、

初期感染者家族 (マットデイモン) A
免疫センター関係者 B
怪しいブロガー C
WHO 調査員 D

という4つの主体が主に描かれる映画になっていて、B と C はテレビでの対決があり、
多少のインタラクションがあるけど、1度きりなので、特にドラマがない。
それ以外の組み合わせがほとんど何の繋がりもないままに映画が終了する。

近い将来に、ものすごい疫病が起こったらこんな感じじゃないか、という、思考実験としては
それなりに真実味があるような感じがするので、そこまで見れない映画ではないが、
映画らしいハラハラドキドキするような展開とか、主体間の非現実的な相互作用などに欠けていて、
見た後に拍子抜けするような映画。

contagion

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。