kt3k 日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rocket の語源

ふとしたきっかけで、米国国家を聞いていたら、

rockets' red glare ロケットの赤い光

というフレーズが出てくる事に何となく
ひっかかった。
この歌詞が作曲されたのは、1814年だそうで、
今普通の意味で rocket と聞いて思い浮かべるような
ものはまだないはず。この場合の rocket って
何なんだろう。というか rocket という単語はいつから
あるんだろう。

そこで、online etymology dictionary を引いてみると、

rocket (2)
"projectile," 1610s, from It. rocchetto "a rocket," lit. "a bobbin," dim. of rocca "a distaff," so called because of cylindrical shape. The Italian word probably is from a Germanic source (cf. O.H.G. rocko "distaff," O.N. rokkr), from P.Gmc. *rukka-, from PIE base *rug- "to spin." Originally "fireworks rocket," meaning "device propelled by a rocket engine" first recorded 1919; rocket-ship first attested 1927. The verb meaning "to spring like a rocket" is from 1883.

とある。円筒状と投射物という意味で、1610年代にイタリア語の rocchetto
から借入された言葉らしい。
rocchetto 自体の本来の意味は糸巻き(ボビンと言われるもの)で、
それは、rocca 糸巻き棒の小辞 diminutive であるらしい。
rocca 自体は、ゲルマン系の起源が推測できるらしい。
大きい目で見れば逆輸入と言えるかも?

ロケットエンジンによるロケットという使われ方をしたのは
1919年が最初で、人が入って移動できるロケットという使われ方
をしたのは 1927年が初めであるらしい。

wikipedia によると roccketto (roccketta) 自体は、
イタリア人の Muratori の手による発明で、1379年からあったらしい。

しかし、円筒状の投射物という点で言うと、
元帝国のヨーロッパ侵攻時には既に使われており、
ロケット自体、上の発明が起源とは言えないらしい。

元帝国も始めはロケットを使う側ではなく、中国人から使われて知ったようで、
本当のロケット(ロケット弾という意味での)の発明は、
12-13世紀までの中国のどこかと考えるべきであるらしいが、
本当の起源に付いてはかなり議論がある模様。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。