kt3k 日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rocket の語源

ふとしたきっかけで、米国国家を聞いていたら、

rockets' red glare ロケットの赤い光

というフレーズが出てくる事に何となく
ひっかかった。
この歌詞が作曲されたのは、1814年だそうで、
今普通の意味で rocket と聞いて思い浮かべるような
ものはまだないはず。この場合の rocket って
何なんだろう。というか rocket という単語はいつから
あるんだろう。

そこで、online etymology dictionary を引いてみると、

rocket (2)
"projectile," 1610s, from It. rocchetto "a rocket," lit. "a bobbin," dim. of rocca "a distaff," so called because of cylindrical shape. The Italian word probably is from a Germanic source (cf. O.H.G. rocko "distaff," O.N. rokkr), from P.Gmc. *rukka-, from PIE base *rug- "to spin." Originally "fireworks rocket," meaning "device propelled by a rocket engine" first recorded 1919; rocket-ship first attested 1927. The verb meaning "to spring like a rocket" is from 1883.

とある。円筒状と投射物という意味で、1610年代にイタリア語の rocchetto
から借入された言葉らしい。
rocchetto 自体の本来の意味は糸巻き(ボビンと言われるもの)で、
それは、rocca 糸巻き棒の小辞 diminutive であるらしい。
rocca 自体は、ゲルマン系の起源が推測できるらしい。
大きい目で見れば逆輸入と言えるかも?

ロケットエンジンによるロケットという使われ方をしたのは
1919年が最初で、人が入って移動できるロケットという使われ方
をしたのは 1927年が初めであるらしい。

wikipedia によると roccketto (roccketta) 自体は、
イタリア人の Muratori の手による発明で、1379年からあったらしい。

しかし、円筒状の投射物という点で言うと、
元帝国のヨーロッパ侵攻時には既に使われており、
ロケット自体、上の発明が起源とは言えないらしい。

元帝国も始めはロケットを使う側ではなく、中国人から使われて知ったようで、
本当のロケット(ロケット弾という意味での)の発明は、
12-13世紀までの中国のどこかと考えるべきであるらしいが、
本当の起源に付いてはかなり議論がある模様。

スポンサーサイト

ICFP contest 2010 参加

ICFP contest 2010 (6/18 - 6/21) に参加しました。

6/18日午後9時スタート
以下経過時間ごとの記録。

00時間 スタートと同時に問題を読み始める。一部、twitter などで問題見れない発言があったけど、自分は普通に見れた。
05時間 gate の文法がやっと分かり、ちゃんと繋がったゲートを作れるようになる。
30時間 ゲートが2入力2出力の関数じゃないかという気がしてくる。
31時間 「ハイスコアが高すぎてやる気がしない」と発言する。
33時間 最初のモデルでの gate の評価が間違っている事が分かる。
39時間 backward wire の意味を変えてもう一度 gate を評価してみると、入力から出力が正しく導き出せる事に気づく。(gate の意味が分かった!
42時間 一人でやる事に限界を感じたので、hirose 君をチームに誘う。(チームのマージは ok 情報より)
45時間 gate のパーサー&シミュレータを作って、出題の入力&ゲートを計算して、key prefix を知る。
48時間 6 gate で key prefix できるよ情報を信じて、6 gate を brute force するコードを書いてみる。python で書いてるのと、アルゴリズムが多分バカなせいで、大会時間内に終わりそうな brute force にならない。悔しいので、Amazon で普段使わない良いインスタンス起動させて、そちらで計算させてみると、3倍ぐらいスピードが違って、Amazon sugeeee と思うが、プログラムがダメなので、結局計算できず、余計悔しい思いをする。
51時間 hirose 君が定数を出す gate を発明。
55時間 hirose 君が任意の3進列を出力する gate を返してくれる関数を書いてくれた。
57時間 一問目が解けた。
64時間 hirose 君から、111110 ていう fuel で、いくつか解ける車があるよと教わる。
66時間 コマンドラインからサーバーに投稿できるツールなどを作る。
67時間 完全に自動投稿するツール作成。111110 fuel を投稿してるだけで、どんどん点が入る。
71時間 2 tank で dimension mismatch しない fuel を発見。自動投稿にかける。
72時間 終了 109位

gate 解読までが難しすぎで、そこまででかなり疲れて
しまいました。(そこまでが分からないと、
ポイントが全く入らないので、精神的にも疲れる。)
(でも、そこまでを瞬殺している人もいて驚きました。)
毎年の事ながら、問題の本質的なアルゴリズム的部分には
ほとんど触れられずに終わってしまいました。

最後の方で、自動投稿しながら点がぽんぽん入っていった時とか、
サーバーの仕様がちまちま変わっていく様子とかは
ライブ感があって、コンテストの内容はともかくとして、
祭りっぽくて楽しめました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。