kt3k 日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らず抜歯など

yokota1

yokota2

親知らずを抜いてもらいに歯医者に行った。
予約したのは2か月ぐらい前だったので(混み過ぎ)
時間とか忘れていたので、朝確認してみると、午後2時半だという。
なるほど、それなら2時20分ぐらいに行けばいいかなと思った
のだけど、いつもの習性で2時35分くらいに着いた。
受付にカードと保険証を渡して、10分ぐらい待つと、中に
通されて、診察台に寝た。5分くらいしたら先生が来て、
今日抜く歯の確認とかした。他の患者に何か説明したりとかいろんなことが
同時進行しているんだけど、一人一人に対する説明がすごくはっきりしていて
なおかつすごいスピーディでなんかすごいなと思った。
で少ししたら、麻酔されて、さらに少ししたら、親知らずを抜いてもらった。
麻酔がちゃんと効いているので、痛みとかは全くないけど、
感覚的には歯が抜けて行っているのが分かるし、歯が肉からメリメリ
はがれていく不気味な音とかが聞こえるので、気持ちのいいものではないなと・・・
で、術後どう過ごすべきかの説明とか、薬の説明とかを受けて、
お金を払って、次回(抜糸のために必要)の予約とかして医院を出た。
来院した時点ではどの歯を抜くのかも明確に決まってない状態からスタートして、
全部ひっくるめて1時間もかからないで終わるっていうのはすごいなと思った。
しかも患者に対する対応も、適当というよりは、むしろだいぶ丁寧だし、・・・

参考:横田歯科口腔外科医院

grad_form

その後、大学に行って、卒業に関する書類を出した。
あとは、3月25日に証明書をもらう。
事務室の窓に、ノーベル賞のメダルの本物?らしきものが、紙テープで貼ってあって少し驚いた。

verbroot

その後、中野さんが自分のために買っておいてくれた、通称ルートバーブと呼ばれる、
サンスクリットの教科書が、アーチャーリャ先生の部屋に置いてあるということを
1週間前から聞いていたので、それを受け取りに行った。
部屋にはアーチャーリャ先生は居なかったのだけど、クノーブル先生が居られて、
事情を知っていてくれたようで、無事にルートバーブを受け取る事が出来た。

veda_handout

(ヴェーダ語のプリントを貰った)

スポンサーサイト

考究終わり

logic_in_cs

Logic in Computer Science 5 章 modal logic の 3節から 5節
ぐらいをやって終わり。最後、ワイズマンパズルとかマディーチルドレンパズルを
KT45^n という論理体系で形式化して解く部分だけ、時間が無くて終わらなかった。
(7時だいぶ回ってたし、しょうがなかったと思う・・・)

これで今年の考究は終わりで、あと大学でやり残したことは事務手続きだけに。

帰りに舘野さんに記号力学系というジャンルが面白いよ的なことを教えてもらった。

西村先生は来年はラムダ計算の考究をやって、Shoenfield は別な先生がやるらしい。

考究ノルマ終了

shoenfield_book

考究が年度ノルマ終了でひと段落。
最後自分が、church theorem と imcompleteness theorem を
説明して終わり。
定理を証明するための準備が大体出来てるので、
細かいガジェット的証明は特になくて、
用意されてることを素直に使っていくと欲しい結論にたどり着けるという感じ。

そのあとちょっと、別の本で、modal logic をやって終了。

何回目かの考究

shoenfield_book

ゼミで Shoenfield, Mathematical logic の 115p - 119p
を発表。後半をあまり予習してなかったので、後半がだいぶグダグダ
な感じになって、聞いてる人に申し訳ない感じの発表になった。
でも、前半で、lemma の条件で β(a, i) <= a - 1 という条件不要じゃないか?
とか、page116, line16 l, j の条件は、1 <= j < l <= c じゃないかとか
おもしろい(と思える)突っ込みがあって、楽しかったので、トータルOK

後期授業

大学の後期授業が始まった。
幾何学Ⅱの授業に出た。

diff_form

(授業で利用されるオーパーツ)

授業後に友達の引っ越しを手伝った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。